トップ > 紀行インデックス > ぽち@やる気なーし様の 2009紀行  2

  

ぽち@やる気なーし様の 2009年イタリア紀行
2

1 Dec.2009 

 

(2009年8月 ぽち@やる気なーし様)
 
 

   
1 関空-ローマ-ジェノヴァ 
〜ラパッロ 送迎車
ラパッロ 泊
Hotel Riviera
2 ラパッロ、ポルトフィーノ、サンタ・マルゲリータ・リグレ
3 ラ・スペッツィア、ポルトヴェーネレ、チンクエ・テッレ
4 ジェノヴァ ジェノヴァ泊
Hotel Bristol Palace
5 ジェノヴァ
6 ジェノヴァ- 機内泊
7 -関空
   

 
 
 
 
 
1日目 出発  
お盆休みにも高速道路1,000円が実施された。

渋滞が心配で、いつも頼んでいるMKの乗り合いタクシーも到着予定時刻を1時間早めて予約していたのだけれど、案外まだ道はすいていた。30分早く到着。

チェックインまで1時間半も余裕ができてしまったので、朝食後、関空内を散策。

前年にはなかったツタヤや、旅行用品が中心のMUJI to GO、ミニプラができている。

ネットと漫画カフェはうっかりはまり込んだら危険かも。漫画読んでて飛行機に乗り遅れたらシャレにならないよね。

今回は、ガイドブックと本の必要なところだけをコピーして持ってきたけれど、もしもの時のために、一般的なイタリアガイドブックを持っていたほうがよかったかな?

パスポートをなくしたときとか、病気の時にはみたいな解説とか載っているし。不安になってツタヤで1冊買っておく。
 
 

早めにフライト・チェックインを済ませる。ネットで座席も予約していたのだけれど、ひょっとしてと思って聞いたら、足元の広い席に。にっこり笑って対応してくれた。ありがたーい♪

離陸  
10分遅れで出発。

飲み物とクラッカーが配られた後、機内食。今年はどんなメニューだろう。

イタリアンかジャパニーズかと聞かれて、イタリアンを頼む。おお、今年は魚なのね。

ナミヘーのジャパニーズメニューは鰻。なんか君は毎年同じもの食べてないかい?

サンダルの底のような肉じゃなくてよかったわーと思って、カトラリーを出してみると、とってもチープなプラスティック製。

これだと肉に太刀打ちできないから魚になったのか?ひょっとして?

映画「ハンサムスーツ」 「そんな彼なら捨てちゃえば?」 「ウエディングシンガー」とのんきな映画を見て、時間をつぶす。

今回、飛行コースが今までと違う。北のほうへ飛ばずにそのまま西へ。朝鮮半島からほとんど真横に飛んでいくような感じ。で、アドリア海を横切って、ローマに向かう。

小さく揺れることが続き、ほとんどシートベルトサインが消えなかった。今回も、パーソナルスクリーンやイヤホンが壊れている席がちょこちょこあった模様。
 

ローマ乗り継ぎ  
 
ほぼ、予定時刻にローマ着。ここからジェノヴァへ乗り継ぎに3時間ぐらい余裕がある。

せっかくの新しいパスポートだから、ちゃんとページ順にスタンプを押してもらいたいところなんだけど、あいかわらずテキトーに押した係員。無念なり。

ぷらぷらと店をみてまわる。前年とそれほど店の数は変わらない。

ビジネス客がほとんどおらず、みんな軽装に大荷物のバカンス客ばかり。特に国内線エリアに移ってからはそれが顕著になっている。小さい子供連れも多い。
 
 

ジェノヴァへの飛行機が、30分程度遅れた。搭乗の場所も途中で変わって、みんなでぞろぞろ移動した。

ホテルから迎えを頼んでいるのだけれど、大丈夫だろうか、ちょっと心配。同じ飛行機に日本人夫婦が一組。

1時間ほどのフライト。荷物もちゃんと届いている。あとは迎えのタクシーのみ。
 

ジェノヴァ着
 
到着フロアに出てみると日本人の名前を書いた紙を持った人が寄ってきたが、名前が違う。もう一組の夫婦だろうな。

うちのお迎えは・・・
 

ああ、よかった。昔のアメリカンホームドラマのお父さんみたいな笑顔のドライバーが、ポロシャツに半ズボンで、名前を書いた紙を持って立っていてくれた。よかったー!

がっしり握手のあと、ここから一路、ラパッロへ。時間にして小一時間程度。道もすいているし、楽々ドライブ。

ダッシュボードに、なぜか10センチ位の、蛸のマスコットが置いてあった。

ラパッロ
 
高速を降りて、思っていたよりも近代的な町に入っていく。銀行もあるし、オフィスビルみたいなのもある。

ふっと公園のようなものが見えたなと思ったら、そこがわれらが宿泊先 ホテル・リヴィエラだった。

タクシーが停まると同時に、中からそこはかとなくヒッチコック似のホテルの男性が出てきた。タクシードライバーに料金を聴くとちょっきり100ユーロですんだ。

チェックインして部屋に入る。小さなエレベーターで1階へ。60号室。

古いけど、きちんとしている印象。中に入ると短い廊下で、ダブルベッドの部屋。カーテンとベッドカバーが、濃い緑。マホガニー色のクロゼットや机。白い壁に高い天井。

「大きいテラスがあるよ」と言いっていたので窓の外に出てみると、隣と共同の大きなテラス。海に街の明かりが反射している。

おぉ、なかなかいいかも。

バスルームは小さくてバスタブはなく、シャワーブースがある。日焼けする人が多いからか、ボディクリームが置いてあった。

もう 0時を過ぎているし、顔だけ洗っておやすみなさい。
 



 
 
 
 
 
 
 
 

  トップ >  紀行インデックス > ぽち@やる気なーし様の 2009紀行  2