トップ > 紀行インデックス > momo@labo様 2009年紀行  2

  

momo@labo 様の 2009年パリから遠出紀行
2

30 Dec.2010

 

(2009年9月 momo@labo 様)
 
 


 

 


 
- - パリ滞在 (割愛) パリ
1 グランドバイヨンヌ散策、チョコレート工場見学 バイヨンヌ
2 バイヨンヌ観光  
バイヨンヌ〜サン・セバスチャン バス
サン・セバスチャン観光
サン・セバスチャン
3 サン・セバスチャン観光 
サン・セバスチャン〜ビルバオ バス
ビルバオ観光
ビルバオ〜バルセロナ 飛行機
バルセロナ
4 バルセロナ観光

バルセロナ〜 寝台

エリプソス(寝台列車)
5 パリ着 (以後割愛) パリ
   
   
 

 


 
 
 
3日目(水) サン・セバスチャン  
8時半 起床。前日に買っておいたパンで朝食をとった。

9時半にチェックアウトして、徒歩で前日は入れなかった大聖堂に。ちょうどミサの最中だったので、そぉっと見学して、またしても適当にバスに乗りバスターミナルへ。
 

ビルバオ行きのバスを発見したものの、出発まであと数分だった。

運転手にバスターミナル近くのPESAの窓口を教えてもらい、走って行って、ビルバオまでの切符を買った。
 

なんとか10時半ビルバオ行きのバスに乗る。
 

11時10分  ビルバオのバスターミナルに到着した。
 
 
 

ビルバオ観光  
 
バスターミナルで、空港行きのバスの時間を確認していると、荷物預かり場所を発見した。コインロッカーより良さそうだと説明文を見ていると、駅の職員がどうぞと言って、入り口のブザーを鳴らしてくれた。

中から鍵を開いた音がして、部屋に入ると、中にいる女性に 2ユーロと言われ、支払った。スペイン語の「2」が聞き取れず、互いに手で「2」と出して、判りあった。払うと、預り証を作って渡してくれた。これで身軽になって、観光に出発できた。
 

地下鉄で中心部の駅まで行き、観光案内所へ。地図とお勧め観光コースを紹介してもらった。

お勧めどおりに、まずは旧市街方面の散策。狭い道に古い建物が並び、すごく素敵な街並みだった。

教会などを見ながら、川の方面へ歩いて行った。川沿いには市場の建物があり、中にはおいしそうな生ハムなどがたくさん売られていた。しかし、買って帰れないので見学だけして、川沿いをぶらぶら。古い橋がたくさん架かっていて、良い感じだった。
 

そこから、トランに乗ってグッゲンハイム美術館へ。このトランは路面電車みたいな感じで、街並みを眺めながら移動することができ、一気に観光した気になって、とても楽しかった。キレイだし、大変気に入った。
 

グッゲンハイム美術館は、まず建物自体が芸術だった。建物にある犬の形の花壇も迫力。中の現代アートも意外とゆっくり楽しめて、期待していたよりずっと楽しめた。

足が疲れていたので、美術館内のカフェでゆっくりランチをとった。大量のパスタとパンとドリンクで、6ユーロくらいと手頃だった。温かい食べ物で胃も休まったし、カフェ自体もきれいで大満足だった。
 
 

ビルバオの町はこの旅で飛行機に乗るためだけに立ち寄ったつもりだったが、予想外に良いところで、もっとゆっくり時間をとればよかったと反省した。
 

グッゲンハイム美術館からまたトランに乗って、ちょうど町を一周したイメージで、バスターミナルへ戻った。
 

荷物を受け取り、空港バスに乗って空港へ。バスも1.3ユーロと安かった。
 

18時半の飛行機でバルセロナに20時頃到着。空港バスと地下鉄に乗って、途中でご飯を買いつつ、ホテルへ向かった。バルセロナの町の交通はすごく判りやすくて便利だった。

疲れ果てていたので、ホテルの部屋で食べて、すぐに寝てしまった。
 


 
 
 
 
4日目(木)  
この日は、憧れのガウディをめぐる日。朝9時集合のため、8時半にはチェックアウトし、集合場所のカタルーニャ広場へ急いだ。

日本から、バルセロナガイドビューローのガウディツアーに申し込んであった。

英語による解説つきで、入場料込み42ユーロと格安だった。しかも、早めの予約で1割引だった。

重いリュックもバス内に預けたまま観光できるし、解説があると理解も深まってとても楽しかった。

まずは、グエル公園散策。ガウディの理想がつまった公園で、次のサグラダ・ファミリアより良かった。

サグラダ・ファミリアは、街中にばばんと存在していた。

そして、建築中でありながら歴史的建造物という不思議な感覚があった。石を削る騒音の中、ガウディの独創的な建築に感動した。
 

その他、カサバトリョ、カサミラは、車窓見学でささっと。ガイドの人の「ガウディはバルセロナの誇りですっ」という熱い語りに圧倒されたツアーだった。

昼は、バルセロナ中心部のカフェで食べ、ウィンドウショッピングをしたり、スーパーで水を調達したりして過ごした。
 
 
 

モンセラット  
15時からは、すっかりバス観光に味をしめたので、同じ会社のモンセラットツアーに参加した。40ユーロ

自力で行くには時間もかかるし、金額もあまり変わらないらしかった。

山肌は見たこともない変わった形で、サグラダファミリアにもこの山をモチーフにした部分があって、印象的だった。

教会には、黒いマリア様の像があったりして、ちょっとほかの教会とはちがった雰囲気に圧倒された。バルセロナの人にとっても週末の観光地として人気があるというのが分かる気がした。
 
 

寝台
 

ツアー終了後、バルセロナの町をぶらぶら見ながら、20時半ごろバルセロナ・フランサ駅に着いた。

21時5分発 エリプソスという寝台列車に乗車した。ツーリスタクラスという二段ベッドが二つある部屋を予約していた。

同室は、ブラジル人の旅行中の女性と、スペイン語の先生を目指すフランス人の女性、ご主人と別部屋(男女別部屋なので)で旅行しているスペイン人の年配女性、という組み合わせだった。

座席をベッドの形にできるのは出発から1時間後と言われたので、それまでおしゃべりしたりしていたが、ベッドの形になると皆すぐに就寝した。

私も揺れが心地よく、あっという間に寝てしまった。
 

5日目(金)
目を覚まして時計を見ると、7時。もう到着まで1時間しかない。焦って、歯磨きと化粧をした。

フランス人女性と並んで窓の外を見ていると、徐々に都会の風景になり、パリ・オステルリッツ駅に到着した。

寝台列車の意外な快適さに、今後も利用できるなぁと思った。
 

それにしても、この4泊5日旅行は駆け足で、ガイドブックも持たずに行ったけれど、行きたいところには行けたし、とても満足できた。

何でも自分で聞いたり考えたりして動くことが楽しかった。

今度は、どっち方面に行こうかな。
 

おしまい



 
 

  トップ >  紀行インデックス > momo@labo様 2009年紀行  2