トップ > 紀行インデックス > ロメールの秋 様の紀行  7

  

 ロメールの秋 様の紀行
7

18 Jul.2009

 

(2008年9月 ロメールの秋 様)
 
 


 
1 成田〜パリ〜ロンドン
ウォーレス・コレクション
ロンドン泊
The Connaught
2 ナショナル・ギャラリー
3 コッツウォルズ地方
カッスル・クーム、マームズブリー、バイブリー、バーフォード
4 テートギャラリー、ケンウッド・ハウス
5 ロバート・アダムの館巡り
サイアン・ハウス、オスタリー・パーク

6 ロンドン〜パリ
ルーヴル美術館、装飾芸術美術館
パリ泊
L'Hotel
7 発熱で一休み
ルーヴル美術館
8 コニャク・ジェイ美術館、フランス歴史博物館、ニシム・ド・カモンド美術館
パリ〜成田
機中泊
9 〜成田着  
  

 
7日目  
8時に起きて、ホテルのプールに行く。レセプションに行くと、今日の最初の利用者なので、鍵を開けてくれた。

小さなプールだが、とてもライティングがきれいで、少し冷たかったが、ぷかぷか浮いていた。でも、少し寒すぎるかもと、サウナに入って体を暖めたあと、部屋に戻ったが、寒気が収まらない。
 

頭も痛くなってきたため、薬を飲んで、ベッドに入る。11時に起きたが、どうも良くないなあと思い、レセプションに電話をして、ランチの予約をキャンセルしてもらい、ブランケットを貰う。

3時に電話がなり、起こされる。ラデュレのマカロンとショコラ、そしてマロングラッセを買ってきてくれたのだ。汗もかいたし、頑張ろうと起きて、出かける準備をする。

下りると、いつも優しい女性がいた。頭が痛くて寝ていたことを告げると、とても心配してくれた。
 

近くの日本料理屋に入り、無理やりご飯をお腹につめる。冷や汗が出てきて、かなり残してしまった。女将さんにごめんなさい、風邪で全て食べることが出来ませんでした、と謝った。

でも、この状態を過ぎると良くなることを知っているので、頑張って、ルーヴル美術館に向かう。

再び、ルーヴル美術館へ  
金曜日なので、今日は21時ごろまで開いている。今日は、自動チケットの列に並んでみる。見ていると、皆、四苦八苦しているようだ。自分の番になったが、確かにスピーディに動いてくれないタッチパネルだなと思った。

でも、昔と比べれば、なんという進歩だろうと思う。

今日は、18世紀のフランス絵画だけを楽しむ日だ。エレベータで、フランス式2階まで上がり、17世紀フランス絵画の回廊を通り抜け、やっとたどり着く。汗も引いてきた。頑張ろう。
 

まずは、ヴァトー。ここには、あのピエロがある。等身大弱の画面に、自分自身に?私達に?呆けているのか、達観しているのか、悲しんでいるのか、こちらを見つめるピエロが全身大で描かれている。

ピエロというモティーフは、彼が発見したものではないが、ここには特異なものがある。

彼の絵画は、振る舞いを描いたものだという私の主張から照らすと、このピエロにはそれと正反対のこと、つまり振る舞いが不在していることが描かれている。

振る舞いが、裏にある自己を覆ってしまい、演じる振る舞いこそが自己そのものであるかのように、存在したのが18世紀の貴族である。

その他の世紀は、そのような存在のあり方を偽善と呼ぶのだが、その振る舞い(仮面)が剥がれた時、裏にある無防備な価値のない自己が現れる。

その後、ブルジョワは、この空虚なピエロを頼りに、貴族的なあり方を批判していくのだが、ヴァトーのピエロの表情はこのような歴史的な利用に決して収まりきらない。

最期に、私自身の存在を私が疑った時に起こる無表情が、現れるのだ。
 

そして、シャルダンのコレクションは、ルーヴル美術館がやはり一番充実していると思う。サロンに出した大きな作品も見ることが出来るが、小さなキャンバスに描かれた、静物画と、ブルジョワ家族の一画面の素晴らしさはたまらない。

目が喜ぶということが絵画の本質だとするならば、シャルダンはそれに成功している。
 
 

また、フラゴナールも素晴らしい。画面から溢れんばかりの躍動感そのものが、画面の構成を、流動的にするのではなく、かえって固定化することに成功しているルーベンスの画力を受け継いでいるのは、フラゴナールだと思う。

彼の場合、躍動感ではなく、空気の塊が固定化をするのだ。例えば、空気がマントを膨らませた時のそのマントに入り込んだ空気の塊が、画面を固定する。彼のニンフ、天使はその力を良く味わっている。

かたや、彼の肖像画は、フランツ・ハルスの画力、勢いのある筆さばきが目の錯覚を起こさせることを利用している。フランドルのバロック絵画の成果を、こんな簡単に自分の描きたいものに応用できるなんて、本当に溜息だ。

何度も往復する。

売店で、持っていない18世紀絵画の本とお土産を買う。 

夜のレストランへ  
19時半を過ぎて、ホテルに戻ってきたが、どうにもお腹が空いている。ということで、ホテルのレストランでもと思って、レセプションで確認をしたが、人気があるため、満員だという。

代りに、Le Petit Zineというレストランを紹介してもらう。予約をしてもらい、予約カードも書いてもらう。カフェ・ド・フロールの裏手にあるレストランで、アール・ヌーヴォー風のインテリアのレストランである。

入り口にコートを預け、席に座る。7時45分。まだ人は少なく、人気がないのかなと思ったのだが、8時15分にもなると、全ての席が埋まってしまった。

アメリカ人の壮年・老年カップルが多く、彼らが求めるフランスらしさは確かにここにあるなあと思った。ヘミングウェイから、ジーン・ケリーまでのパリだ。あと、パリの若いカップルなどもちょっとしたデートで利用しているようだ。
 

牡蠣とサーモン、そしてロゼワインを頼んだ。雰囲気もそうだが、まあまあ美味しく、その賑わいを含め、楽しかった。
 

21時過ぎに出る頃には、入り口前のバーで多くの人が待っていて、とても人気があるんだなと思った。

ユーロが残り少なくなってきたので、次回到着時につかうタクシー代などのお金も考慮し、多めにお金を下ろしておく。

ホテルに帰って、ゆっくりと就寝。 


 
 
8日目  
今日がパリの最終日。夜便で成田に旅立つ。どうにか体調も戻り、カルペ・ディエムの心意気で今日を楽しもうと思う。

今日は、朝食を取ろうと、一階のレストランに入る。9時ごろだったが、誰もいなかった。

サーヴィスの人が来て、オレンジジュースと、カフェをチョイスして、コンティネンタルをお願いする。

オレンジジュースは絞りたてで美味しかった。パン・オ・ショコラとカフェ、そしてプレーン・ヨーグルトに、アプリコットとラベンダーのコンフィチュールをかけて食べる。
 

部屋に戻り、パッキングを最終的に行い、11時にチェックアウト。荷物を預かってもらう。素敵なホテルだったので、ホテルのみんなと、レストランを予約してくれた女性宛に、感謝のお手紙をしたため、手渡す。
 

サンジェルマン大通りに出て、カルチェ・ラタンに向かって歩き、途中のタクシー乗り場でタクシーを捕まえる。ヴォージュ広場までお願いする。 

コニャック・ジェイ美術館  
ヴォージュ広場に着き、降ろしてもらう。

ミシュラン地図を広げ、通りを戻り、コニャック・ジェイ美術館に到着。時間は12時10分前。1時間ほど、この美術館で楽しむことにする。

裸一貫からスタートし、デパート「ラ・サマリテーヌ」を創設した19世紀の人物、コニャック夫妻のコレクションがここにある。

成り上がりものと言われてしまうだろう、コニャックだが、ここにある作品は本当に可愛らしく、他人に見せるためのコレクションではなく、彼自身が本当に喜ぶためのコレクションだったのではないかな、と思う。

孤児であり、実子に恵まれなかったという彼は、子供の作品を特に好んだという逸話を聞いたので、そう思うのだろうが、本当に小さな親密なるものの世界がここには広がっている。

セーヴル、マイセンもそうだし、ヴァトー、フラゴナール、グルーズ、ラ・トゥールにしても、仰々しい作品がここにはない。グルーズの子供達のいたいけ目は、少女マンガに通ずるかのようなそんな世界だ。

美的感覚を鍛えるための美術館ではなく、コニャックと一緒に、おままごとのようなコレクションを慈しむのがいい美術館なのかな、と思う。

ランブロワジーへ  
このレストランを訪れることも、私のパリ訪問の最大の目的の一つだ。2年越しの3回目の訪問になる。

ヴォージュ広場のカフェは、人で溢れれている。回廊脇では、アメリカの女性が水彩画を描いている。これぞパリ!

1時を少し過ぎて、いつもの厳しい支配人に予約してある旨を告げる。こちらは顔がほころんでしまっている。

タペストリーの部屋に通された。この部屋では一番乗りだが、奥の部屋の団体は既に盛り上がっているよう。
 

10月だが、カルトはいつもの夏(エテ)の女神が微笑んでいる。シャンパーニュを飲んで、カルトと楽しんでいるうちに、ご高齢のお一人様と、中国系のカップルと、フランス人カップルとアメリカ人カップルの4名がやってきた。

今回は、4年前と同じアントレと、メインは変えてみようと思い、それを注文する。メートルに、3回目なのです、また来れて嬉しくて仕方がないのです、と告げる。

ワインはボルドーのフルボトルにする。本当に素敵な時間の始まりだ。

中庭を望むことが出来る。ボーと見ていたら、メートルが窓を開けてくれた、レースのカーテンが風に揺られ動くさまは、本当にきれいだった。
 

途中、最期のテーブルに、常連さんがお一人で来た。彼のメインである、丸ごとの鳩が運ばれた時、私とフランス人の女性の目は、完全に鳩に心奪われていた。

チーズとデセールと進み、満足でとろけてしまいそうな頃に、シェフが直筆してくれた、今日の料理とサインが入った、小さなカルトを持ってきてくれた。こんなことは初めてだったので、本当に嬉しかった。
 

2年前にたまたまお手洗いで、シェフと対面したことは会ったが、とてもシャイな方という印象だった。

シェフのパコーさんも50歳を超えているという。あと何回来れるのだろうかと、時間との闘いだからこそ、今日の料理を心行くまで味わおうと、たっぷりと楽しんだ。

フランス歴史博物館(スービーズ館)
ランブロワジーを出て、ほろ酔い気分のまま、スービーズ館を目指す。古典様式のお屋敷の外観と中庭が大好きで、よく通っている。パリの古典様式は人間にとても優しい気がして、気にいっている。

その古典的様式のお屋敷の部屋に、パリはおろか、フランスを代表するロココ様式の部屋がある。オーバルサロンがそれで、中に入ると溜息だ。
 

くるくるとワルツを踊りたい、そして目がくらくらになったところで、仰向けになってこの部屋の天井を見てみたいなというのが、私の密かな夢だ。

メレンゲのお菓子のように、力を入れたら崩れてしまう、その柔らかさと儚さがここにはあって、いつ来ても本当に嬉しくなる。
 

時間がまだある、8区のカモンド美術館まで足を伸ばそうと、フラン・ブルジョワ通りを突き進み、ポンピドゥー裏までやってくる。

土曜日の午後、タクシーは止まっているが、運転手は何処かでお休み中らしい。

仕方がないので、エティアンヌ・マルセル通りまで歩いて、向こう側を走るタクシーを呼び止め、モンソー公園までお願いする。

ニッシム・ド・カモンド美術館
モンソー公園に着いた。既に4時半を回っている。結婚式の写真をここかしこで取り合っている。大急ぎで、通り抜け、モンソー通りのニシム・ド・カモンド美術館に入る。

5時で閉まるのよ、後10分で見てねといわれ、学生料金にしてくれた。

19世紀パリで成功した、ユダヤ人銀行家が、第一次世界大戦で戦死した息子の名前をつけ、この美術館は出来た。

ジャックマール・アンドレ美術館は、その収集家の特異な素晴らしいセンス(イタリア・ルネッサンスへの愛好など)によって特徴つけられるが、こちらは19世紀上層ブルジョワの憧れであった18世紀の貴族文化を真似た館を見ることが出来るという意味で、典型的な、しかも大変洗練された、ブルジョワ趣味の美術館である。
 

だが、ユダヤ人であったカモンド家は、最期には、ナチスによって虐殺された事実を知ると、これらのコレクションも、失われたベル・エポックの輝きではなく、背筋が凍るコレクションとして映ってくる。

私は、全ての部屋を記憶に残すよう、記憶のシャッターを切る。そして、明日また来ればいいのにという係員に、だめなんだよ、今日もう東京に帰るんだ、でもまた来るよとと返事をして、後にする。 

ムリスでお茶
19時にホテルに戻ればいいので、何処かでお茶をしようと考える。ホテル・ムリスの喫茶室が変わったということを読んだので、そこにいってみようと思い、ムーリスを目指す。

パリは歩くのが楽しい、ということで、マルゼルブ大通りを歩く、15分ほどで突き当りのマドレーヌ教会にぶつかる。そのまま、ロワイヤル通りを通って、サン・トノレ通りで折れ曲がる。

日本の雑誌で見た、日本未発売と言うネクタイ・ケースを見せてもらおうと思い、モラビトに立ち寄る。

日本人の店員に対応してもらい、ネクタイ・ケースはもう販売していないことを教えてもらう。そうなんですか、残念ですと、話をしてお店を出る。

お客様より決して目立ちませんという日本人店員の服装と、どんなことがあってもお客様より目立ちますというフランス人店員の服装の対比が面白いなと思った。

しかし、この頃のモラビトは、クールでシック。かっこいいなあと見回してしまった。
 

途中でウィンドウ・ショッピングをしながら、カスティリヨンヌ通りを折れ曲がり、リヴォリ通りにあたる。既に時間は6時。

ムーリスに入ると、突然、新しいカフェ、ル・デリに入る。今までのジャルダン・ディベールは、奥に続くエレベーターホールをつなぐ動線と、花壇で明確に切り離されていたが、今回は、隣のバーと、ル・デリがロビー全体に広がってしまい、その中を通らないと、エレベーターホールに行くことができないようになっていた。

確認すると、ご自由にお座りくださいということなので、ソファ席を選ぶ。

紅茶が欲しいといって、紅茶のメニューを持ってきてもらう。アールグレイにして、ミルクもお願いする。

天井を見上げると、布をかぶせていて、そこには絵が書かれている。作者とホテルの意図を知らずに、この絵を見ると、茶色のゆがんだ人間のようなものは煩悩を表しているのかなと思ってしまう。

インテリアも、ロココ様式から、帝政様式に変わっていて、クリヨンの方が明るく感じるほどだ。

ただ、扉が前面ガラス張りになって、中を見ることが出来るレストランは、昔のままの華やかなままで安心する。

紅茶を持ってきたサーヴィスに、ずいぶん変わってしまったのですね、と声をかける。

紅茶は流行の土瓶に入っている。パリの紅茶なので、味は期待できない。お茶の葉が少なすぎる。

コニャック・ジェイ美術館で買った、ヴァトーのスケッチ集を見て、彼が振る舞いを持った人間を、陶器の人形のように仕立て上げ、前から、後ろから描いていく様を見る。すごいよーと心の中で大歓声。

もうそろそろ19時。もう、ディナーのセッティングのため、今からお茶をすることは出来ないらしく、多くの人が断られている。

天井画が取り替えられればと思うが、便利な場所にあるカフェとして利用価値は高いなと思う。 

  トップ >  紀行インデックス > ロメールの秋 様の紀行 7