トップ > 紀行インデックス > Chun3の 2008年東地中海  9

  

管理人Chun3の 2008東地中海紀行
〜今年のクエストは 東地中海で オリンピックして 遺跡を見るのだ〜
9

25 Nov. 2009

 
 

(2008年9月 Chun3)
 
 

1 関空〜アムステルダム KLM
アムステルダム市内クルーズ
アムス〜ヴェネツィア KLM   
ヴェネツィア・メストレ泊
Hotel Bologna
2 朝 ヴェネツィア港 船チェックイン
ヴェネツィア観光
夕刻 乗船、ヴェネツィア出港
MSCムジカ号 泊
バルコニーつきツイン
3 午前 船内

昼前 バーリ入港 (バスでマテーラ観光)
夕刻 出港、  ドリル(避難訓練)

4 午前 船内
昼 カタコロン入港 (バスでオリンピア観光)
夕刻 オリンピア出港 船長パーティ
5 朝 サントリーニ島 入港(バスで フィラとイア観光)
午後 サントリーニ島 出港
夕方 ミコノス島入港、夕食と散策
夜中 出港
6 朝 ピレウス入港(バスで アテネとパルテノン神殿観光)
夕方 出港
7 昼 コルフ島入港(バスで シシィの宮殿と市内観光)
夕方 出港
同 
8 朝 ドブロブニク入港 個人散策
午後 出港
9 朝 ヴェネツィア入港、下船、観光 ヴェネツィア サン・クレメンテ島泊
10 朝 ヴェネツィア〜アムステルダム〜 KLM 機内泊
11
〜関空  
   

 
 
 
 
8日目  
そうか、8日目か。あとちょっとだと思うと、寂しくなる。どうして夏休みや休暇は過ぎるのが早いのか・・・

今日はクロアチアに立ち寄る。

7:40 すっきり起床。 帰国後もこの勢いが続くといいのだが・・・

ギリシャとクロアチアは時差1時間。時計を1時間戻すことになる。
また日本から離れたことになり、時差が7時間に拡大するわけだ。
 

2日ほど前の晩に、その案内が差し入れられていたので、昨晩、寝る前に時計をあわしたと思う。

船内TVの時計をみて確認する。あれ? 1時間ずれてる。
おかしい。

わたし戻すのと早めるのを間違えたのかな? おかしいなぁ、と思いながらでもやっぱり船内TVにあわせた。でも先般もちゃんと船内TVで正しい時間になっていたし。

なんか昨晩の時計あわせについて、自分が寝ぼけていたのかよくわからず、釈然としない。おかしいなぁ・・・あとで確認しよう。

入港は8:30予定のところ、8:00にかわっているから、まだちょっとある。

ドブロブニクは自由散策にしてあるから、急がない。
 

しかしこの船内、ほとんどパブリックスペースに時計がない。

朝食  
8:20 ビュッフェ朝食にいく。和朝食はもういいそうだ。

入港。ビュッフェの背景には、魔女の宅急便もまっさおな、ドブロブニクの赤屋根の家々が並び、興をそそる。

ドブロブニクも大型クルーズ船に人気で、大型はちょっとはなれた港に接岸。
 

クロアチアの通貨に両替してもらおうと、船内両替コーナーにいくと、必要ない、と首を横に振られる。

うーん? ユーロでいい、とのこと。そうですか。
 

ここでは新聞に案内があったとおり、パスポートを各自船内レセプションもらって 携行して下船する。市街地までのシャトルバスは有料だそうだ。船内で手続きをして、8ユーロx2名分をチャージしてもらう。
 

こういうのも書いてあるだけで、一切アナウンスがない。
 
 

9:20 平たいタラップで埠頭に降りる。

旧市街までシャトルバスが待っていて、そのまま乗る。これも有料という情報があったが無料だった。ふぅん。

朝の町はキラキラと輝き、っていうのは こういうのを言うのだろう。
 

旧市街  
 
9:30  エズとマントンを足して二で割ったみたいに、こぎれいにまとまった街だった。ややきれいすぎるが。

まずすいているうちに、撮影のために光線がよいうちにと城壁にあがる。7.5ユーロとかかれている。そうか、二人で15ユーロね。
・・・けっこうするね。京都なみやな。

写真を撮りながら、城壁をぐるっと半周する。ところどころで休憩し、周りをながめて歓声をあげる。

裏通りの家々はかわいらしい飾り気のないカーテンや、洗濯物も見え、生活が垣間見える。
 
 

みなほどよく分散しているのか、あまり人けもない。携帯にたまたま着信用にいれてあった、魔女の宅急便の音楽を思い出して、小さい音で掛けてみる。

ぽぱっ ぽぴっ ・ぽ  ぴ〜らりれーりー 

といい塩梅だ。あぁぁぁぁ 旅はBGMがいる。いいかも。素敵だー
 
 

1時間かかって、半周・・ うーん このままでは・・
ということで、半分で降りることにする。出入り口は数箇所ある。
 



下を散策
 
ぶらぶらと散策する。だいたいの構造がわかったので、教会や広場、小さい入り江のところなど、ぽくぽくと訪ね歩く。色々雑誌や本で店などがあるとは知っていたが、なんだかこうやって適当にぶらつくほうが、楽しい。

1軒だけ寄ってみたいと思った老舗の菓子屋があるというので、何度も往復するが、わからない。

・・・・と思ったら、え?これが?!という構えだった。これですか、はぁ。さっきからよくあるみやげ物やだってスルーしてたよ。

とりあえずドブロブニク名物だという赤い紙に包まれたソレを買う。職場で配るのに買ってみよう。

「ドブロブニクって」 「あー 魔女の宅急便の」 っていいやすいからね。
 

細い通りを覗くと、向こうのほうは生活圏という臭いがする。店を探して歩き回ってもいいが、別に目的もないので、路地裏をあっちだこっちだと適当にほっつきあるく。いきなり肉屋があったりしてびっくり。

入り江
小さい入り江みたいな場所に出た。よく山の上からドブロブニクの絵でうつっているところだ。

後ろからきていた COSTAの中規模の船は、沖止めだったらしく、ここに小船でピストン輸送していた。いいなぁ。
 


 
 
 
 
 

引き上げた船の上に、船の模型を並べてうっている老人が居る。
その手前で陽だまりに猫の母子が転げている。

今日も、時間に終われず、あれとこれを見なければ、とも思わず、ただただ空気の中で過ごす、平和なひととき。

ほけほけとした、9月の朝。

裏道を足のむくにまかせて、ぷらぷらと歩く。
 


 
 

 
 
 

広場でマルシェ  
賑わいが感じられたので、覗いてみると、広場にパラソルが咲いており、朝市をやっているようだった。

観光客が6割、地元の奥さんが4割。

観光客むけの品も置いてある。あまり安いわけではなく、ユーロでも併記してあるところや、各店で統一価格になっているところをみると、しっかりしているようだ。
 
 
 

物産  
ジャガイモやニンジン、葡萄や無花果もある。

いちおうジャムや干し果物みたいなものを買ってみた。
 
 

さて、日ものぼってきた。暑いのでサングラスをかける。

パラソルの横に、魚貝の絵をかいた店があり、広場に沢山のテーブルを出している。
 

ハムテル氏にはムール貝を3回以上食べさせてあげる、といって連れてきているが、まだ船内でおまけ1+ミコノスで1回、クリアしていない。

ムール貝あるか、というとあるという。

魚屋です!といかんじの店がまえだった。
 
 
 

11:30 ちょうどいいかと、席につく。

まだ昼のしたくをしていなかったらしく、食べたいことをいうと、今食べるの? んー ちょっと時間かかるわよ、といわれたが、紙ナプキンを敷いて、食事のセッティングにしてくれた。

もう11:30なのに、けっこうゆっくりなのだな、とちらと思った。
 

卓のあいだを観光客が通っていく。すぐ前は朝市でにぎわっている。

クロアチアのビールやカフェも頼み、朝市を冷やかす。あぁいいかんじだ。
 


 

 

ムール貝  
 
30分ほど待ったら、ムール貝がでてきた。ビールと一緒に
すこし塩気のきいた出来だった。

横でみながすごく羨ましそうに見ていく。ついで、店のほうを見て、腰掛けていく人が出てきた。

朝市は片付けにさしかかっていた。午後つく船もあったのだが、午前入港でよかったのかもしれない。

山盛りのムールと、ビール中ビンと、マッキャートと テーブルチャージで 12ユーロ。

城壁が二人で15ユーロやのに、高いんか安いんか よぅワカラン国やな。
 
 

14:00出港で、門限は13:30、ラストバスは13:00だそうだ。
 

城門をでたところに、MSCムジカに戻るバス乗り場があった。旗があるので、わかりやすい。

12:50のバスで戻る。あぁ短かったけど、まぁいいか。でも意外と人が少ないなー。
 
 

・・・・とおもったのだが
船に戻ると、なんか違う。エレベーターホールで ふと見ると、

11:50?! え?!  まだ11:50? あの時計なおしてないんちゃう?

部屋に戻って船室TVをつける。 12:50・・・どっちやねん!
 
 

レセプションに電話すると、11:50だという。TV間違ってるよ、とスタッフに告げたが、まぁもう明日ヴェネツィアだしさ(=下船する)といわれた。まぁ、いっか。やっぱイタリア船だ・・・
 

昨晩 時計を1時間戻した → 朝 TVの船室とずれているので酔って間違ったのか、とまた再調整した。

これがどうやらTVのほうが間違っていたらしい。 がっくり・・・

往路の船室TVはちゃんとすぐに時差調整されてたので、かなり信じていた。
 
 

つまり 7:40におきたと思ったら それは 6:40で、

9:30に街についたとおもったら それは 8:30で。

11:30に広場で昼をとおもったら それは 10:30で。
店員の女性が あら、もう食べるの?といったのが よくわかる。

うーん もう1時間いられたのか。でもまぁいいや。
 
 

今回は自分の時計が1時間進んでいたからよかったが、逆じゃなくてよかった、と つくづく思った。おそろしい・・・。

時差を間違えるなんて初めてだけど、本当に危ない危ない。
 

撮影
今回の旅で買ったものを、船室ベランダで撮影。あげてしまっても、記念になる。

雑誌の記事も、デジカメで撮影しておいた。
 
 

ボンボンは 5.8ユーロ、 キンカンの砂糖漬け 3ユーロ、干し無花果1.5ユーロ、 フルーツのきれいにカゴに入ったもの12ユーロ、蜂蜜5ユーロ。
 
 

14:00出港。ヴェネツィアへ向かう。 午後が最後のクルーズだ。デッキに陣取って最後のクルーズを味わおう。大きな斜張橋を横目にみて通る。

絵から抜け出たようなカップルがいて、ほれぼれした。

誰かが撮影していた。女性はすぐバスタオルをまいて引っ込んだ。あれ?と思ったら、広告用の撮影だったようだ。
 
 
 

 
エメラルド色だった海の色は、だんだんと濃い紺色になっていった。
 
 
 
 

夕方、下船前に、日本人船員のガイダンスがあるというので、勉強のため、行ってみる。
 
 

本来、下船後の便(列車やフライト)を書いた紙を提出してあるので、めいめい、下船時刻と、色別の荷物タグを割り当てられる。
3000人級の船なら、だいたい12ぐらいのランクに分かれている。
 

そのタグをつけて、規定の時間までにスーツケースを廊下にだしておけば、夜中から明け方に荷物は回収される。
要るものは手荷物バッグにいれて下船するわけだ。
 

我々は、ヴェネツィアでそのまま一泊すること、 また 個人客であるので、本来は遅い中盤以降の順番になるのだが
船員によると、日本人は全員まとめてあるので、一緒に降りましょう、わたしが最後まで面倒みます、とのこと。

これじゃぁ、余計にJTBの楽太郎添乗員はお仕事がない気がする。たぶん今回は、楽な仕事なんやなー(笑)と内心思ってしまった。ただ添乗員は下のほうの部屋で、よその添乗員や関係者と同じ船室(相部屋)だったりするそうだ。
 
 
 

冷蔵庫は前夜でロックされるから私物は出しておくこと。(といいつつ実際は翌朝でも使えた)

朝食は食べられる。

船室はいちおうしばらくは使えるが、たとえば10時までに明け渡してラウンジにいって、など。(が、実際ほとんど守られていない)

で、パブリックスペースで待つうちに Whiteの人 おりられます、 などのアナウンスがあって、ぞろぞろと降りるわけだ。

降りると飛行機のようにスーツケースを貰う場所があって、ひきとるなりポーターにもたせてタクシーに乗るなりと。
 
 
 

そういえば事前調査で、ヴェネツィア港からヴェネツィアのホテルに荷物だけ運んでもらえるとサーヴィス(有償)があると情報を得ていた。が、あまり詳しいことが判らないでいたので、ここぞとばかりに 日本人船員に聞くと、 そういえばありますよ、と。ホテルを聞かれて、配達対象だから、明日降りるとき言いますわ、と。

なにせ日本人が20人ぐらいしか居ないこと、日本人船員は乗客リストをもっていて(勿論どこから手配下のかも全部わかっている) かなり把握している。もっとアバウトなのかとおもっていたが、日本人コーディネーターという名前だけあって、「ちゃんと仕事してる」ので驚いた。

これなら本当に添乗員なしでいいと思う。
 
 

最後の夕食
 
19時に夕食、そしてレセプションで清算。
 

忘れ物がないか、下船してすぐ観光で使うものなど考える。ハムテル氏は疲れもあるのか寝てしまったので、荷造りは得意の専門担当である奥さんがやって、スーツケースをしめて出しておいた。

夜中におきだしたハムテル氏は全部おわっていたので、びっくりしたようだった。
 
 

さて、船内では船賃以外に、チップが別途加算される。ツアーの場合も別途である。といってもチップの金額まで決まっていて(それがちょっと可笑しい)、清算される。

チップをクーポン化したチケットを、担当に直接渡してもいいし、書類と一緒に渡してもいい。アメリカ船の場合は、できるだけ直接渡してくれ、とのことだったが、こっちのMSCは無頓着だった。

 
予定どおり冷蔵庫チェックとロックにきた ルームキーパーの女性とすこし話す。

クルーズが終わったら、乗り換えて日本に12,3時間かけて帰るよ、といった。遠いので目を丸くしていた。

彼女はアフリカのどこからしく、自分も今回のクルーズが終わったら休暇で、やはり乗り継いで10時間ほどかけて、郷里に帰るといっていた。今度はそちらがバカンスなのね、よい旅を、と言葉をかけると、くしゃっとした顔輝いた顔をしていた。
 

トップ >  紀行インデックス > Chun3の 2008年東地中海 9