トップ > 紀行インデックス > Chun3の 2008年東地中海  6

  

管理人Chun3の 2008東地中海紀行
〜今年のクエストは 東地中海で オリンピックして 遺跡を見るのだ〜
6

25 Nov. 2009

 
 

(2008年9月 Chun3)
 
 

1 関空〜アムステルダム KLM
アムステルダム市内クルーズ
アムス〜ヴェネツィア KLM   
ヴェネツィア・メストレ泊
Hotel Bologna
2 朝 ヴェネツィア港 船チェックイン
ヴェネツィア観光
夕刻 乗船、ヴェネツィア出港
MSCムジカ号 泊
バルコニーつきツイン
3 午前 船内

昼前 バーリ入港 (バスでマテーラ観光)
夕刻 出港、  ドリル(避難訓練)

4 午前 船内
昼 カタコロン入港 (バスでオリンピア観光)
夕刻 オリンピア出港 船長パーティ
5 朝 サントリーニ島 入港(バスで フィラとイア観光)
午後 サントリーニ島 出港
夕方 ミコノス島入港、夕食と散策
夜中 出港
6 朝 ピレウス入港(バスで アテネとパルテノン神殿観光)
夕方 出港
7 昼 コルフ島入港(バスで シシィの宮殿と市内観光)
夕方 出港
同 
8 朝 ドブロブニク入港 個人散策
午後 出港
9 朝 ヴェネツィア入港、下船、観光 ヴェネツィア サン・クレメンテ島泊
10 朝 ヴェネツィア〜アムステルダム〜 KLM 機内泊
11
〜関空  
   

 
 
5日目(水) つづき  
で、まだ5日目午後である。

なんでって、今日はサントリーニ島に上陸して、また船にのって、今度は夕方ミコノス島に上陸するのだ。

1日2寄港なんて初めてで、さぞ慌しいかなぁと思っていたが、案外と、ちょっとずつ見られていいかんじだった。
(バスの添乗員つきのツアーに慣れている人はこんなかんじかもしれない)

結果的には、たぶんエーゲ海なんて、あまり人生の訪問希望上位ではなかったから、いい機会だった。
 

15:00 サントリーニ島出港。
 
 
 
 

今夕は、ミコノス島入港ということで、おそらく7割の乗船客が、ミコノス島で夕食を食べることを想定されている。いつものちゃんとしたダイニングは、閉鎖。

朝食・昼食のビュッフェ食堂が、夕食時間帯むけにオープンすることになっている。

ミコノスで下船しない人、降りるけれどもミコノスでは食べない人、は自由に食べてね、ということだ。

すべての館内施設は、航海スケジュールにぴったりあわせて都合をつけてくれているので、これは嬉しい。

船側も無駄にディナーを作らなくて済むのだろう。お互い効率よい。
 

軽食をかきこむ。  
野菜不足になりがちな旅行であるが、クルーズでは比較的野菜をみつけることはできるので、ハムテル氏は喜んでいる。

さて、ミコノス島で夕食をとるに、とりあえず軽く、食べておこう。
(なんでやねん)

ミコノス島の夕景は地中海で1、2位を争うという・・・これも、けっこうあちこちで聞いた覚えがあるが。
 

さて、今日の「日の入り」。 アテネで19:29と調べてある(日の出日の入りは自作しおりに記載してある)
 
 

船は ミコノス 20:00入港予定とあり、旅行前にはこれは日の入りに間に合わないかな、と思っていたら、19:00前には、ミコノス島のすぐ沖合いに停泊した。船長 グッジョブ!
 
 
 
 
 
 
 
 
 


スタッフによると、このコース、もっと10月等になると、ミコノスの日の入りに間に合わないとのことだった。やはり、クルーズでは 申し込む際、旅程と日の入りチェックは大事だ、と思う。
ミコノスの夕景を
 
18:40 ガラスばりのビュッフェ食堂に早めに足を向け、ミコノス島が見える席を確保した。
 

西の青空は、紫やピンクのカーテンを降ろすように暮れてゆく。
東や北の空は最後の水色が静かに透明になっていく。
 
 
 

とたんに、白い家々が最後の西日をうけて、輝きだす。空気や波が金色に輝く。照り映えるというのは、こういうのを言うのだろう、と初めて思った。

夕日に染まるミコノスを見るには、海上の船は、しごく贅沢なS席だった。

船長グッジョブ!!としかいいようがない 素晴らしい入港タイミングだった。

すばらしい夕景を目で楽しみながら、舌も楽しむ。
 
 

軽いギリシャ風惣菜や、野菜をつつく。短いパスタやペンネに なにやら混ぜたものやら、 野菜をうまく酢やオリーブ油でまとめたものなど、そういえば、だんだんギリシャに近づくにつれ、日本のデパ地下惣菜に近いものが出てき始めた。

あ・・・ 食べ過ぎてはいけないから、控えめにせねば。
 

19:00すぎ、太陽はゆっくりと海に触れていった。

卵の黄身のようだった。


9月中旬 18:40 ミコノス沖合い


18:46


19:03

え・・救命ボート出動?  
さて、軽食で腹ごなしを終え、夜の部だ。

午前をツアーにしておいたので、精神的にも体力的にもラクだ。

サントリーニのロバ階段を下りた太股だって、まだダイジョウブだ。

筋肉痛は明日とか明後日にクルのかもしれないが。明日だといいな・・(=若い証拠)
 

ここミコノス島も、水深が足りないので、大きなクルーズ船は接岸できない。沖合いに停泊して、小船で島にうつるわけだ。

が、この島は そういう港湾設備が大型客船 数席をまかなうには 貧弱だそうだ。よって、それぞれの客船が自前の救命ボートなどを使う。救命ボートって、普段も使うんやね・・・と、なんか合理的で納得。
 
 

船備えつけの救命ボートが、ガコーンガコーンと、クレーンとワイヤーみたいなもので、横に押し出され、じわじわと降ろされる。

このあたり、映画、タイタニックの現代版のようである。(ここで、とびうつったんか、あの娘は!と恐ろしかったが。)
 
 
 
 

アナウンスで降りられますよ〜みたいな連絡があったので、ぶらぶら行く。多少は混雑はするが、大阪の通勤に比べたらマシ。押し合う人もいない。ご老体やご婦人に譲るのだが、きちんと譲っていたらご老体が終わらない・・・のでほどほどに前進する。

のりまーす! なんか気分は特車2課のレイバー指揮車。
 

19:15  みなさんツメツメで座るが、ガタイの大きい西洋人が多い。

停まっている間は、波のおかげで、ぐらんぐらん横揺れするが、窓から外を見ていればよい。

みんな、なんとなく ワクワク。

日本のちょっとした高速船のような。勿論椅子は硬いし、売店はあるわけない。乗物ふぇちには嬉しい一こま。
 
 

乗り込み終わったらしく、エンジンがかかり、 グゥゥンと回転、ジョバーと白波を上げながら、救命ボートが進む。

近いもんだから、あっというまに、ミコノス島に接近。ミコノス島には ポツポツと灯りが点り始めた。
 
 

19:25 上陸。振り返ると、MSCムジカが沖合いに待っている。光と夕暮れの薄桃色の背景で、気品のある姿だった。
 


救命ボートの中はこんなだ

ミコノス島上陸
ミコノス島は 19時入港〜 夜中2時出港の予定。

つまり 夜更かしナイト☆ という設定のようだ。洒落てるじゃないか。

いきなり町の真ん中に着いたので、ぶらぶらと。

人が多い。三ノ宮のハーバーランドかという状態である。今日も数隻クルーズ船が来ているし、滞在しているバカンス客もいるので、にぎわっている。
 
 

青い屋根や赤い壁の教会、白い家々がかわいらしく立ち並ぶ。日本人に人気ですよ、とのとおりで、大変可愛らしいゆっくりとそぞろ歩きのできる島だった。

迷路のようになっているので、中心部をぐるぐる楽しみながら、地図も見ずに歩く。
 
 


19:35
 
 

フランスにたとえると、雰囲気は、ヴィルフランシュだ。

かわいらしい雑貨、水着、バッグ、骨董、アクセサリーの店が並ぶ。品揃えは、神戸の元町から三ノ宮界隈、若い人むけのかわいくて安い雑貨店が多いあたりに、似ている。

ここは10〜20代までの若い人のほうが楽しめるかもしれない。

同じ船にいたJTBのツアー客は、やはり60、70代の方々は買うものがないと、こぼしていた。
 
 
 

夜も更けてくるが、街はこうこうと明るく、98%観光客だ。

もちろんちょっと外れると普通の民家や暗いところもあったが、中心部であれば、飲食店も物販店もずっと開いており、夜遅くてもある程度安心して歩ける雰囲気だった。クルーズ船が夜に付けるため、営業しているのかもしれない。

地図を見ずにうろうろしては、同じところに戻ってきて大笑いしたり、こっちには何があるんだろう、と横道をどきどきしながら進んだり、楽しめた。

ちょっと歩くと、バスターミナルやタクシー乗り場のようなところもあった。

ほとんどの客は手ぶら。我々もカメラぐらいで、手ぶら。軽装でぷらぷらと夏の終わりの、白い宵を楽しんだ。

またゆっくりと来てみたい島として、マルタ島とともに、覚えておこう。
 

お買物
 
思う壺がなくスルーした相方は、ここで店を発見。すごい嗅覚だ。 ここ、たぶんありそう!と、突き進んでいった。

観光客むけにしては、ちょっとこましな品を置いていた。(値段もそれなり)。

まだ21時前、ゆっくり寄港だから、先も急がない。
 

模様にこだわりがあるらしく、アテネだアポロンだアフロディーテだと、色々出してもらって、ゆっくり悩んでいた。

せっかく来たんやし、高くても いいやん、とけしかける。

長々と逡巡の末、ハムテル氏は、8cmほどの小さいギリシャふうの壺の模造品を購入。28ユーロ。
 

きれいに包んでくれた。お店の前も記念に撮影。

自分の買いものに、時間もお金もとってしまった、と こちらにえらく感謝していた。
 
 
 
 

かわいらしい、日本ぐらいの品質レベルのアクセサリーの店も、在った。うち一つで、おしゃれなキーホルダーを発見。ミコノスの風車もついて愛らしい。 7ユーロ。え、安っ。

お土産にもう少し買おうかと思ったが、おそらく来た人にしか 分からないモチーフなので、二つ目を買うのは辞めた。
 


21:00
 


7ユーロ


教訓

同行者の土産は、時間とお金をかけて、握らせておくに限る。
万事うまくいく。


 
 
 
さぁ 夜はマダマダ。  
 
 

21時台で、街は夕食まっさかりである。19時ごろすこしお腹にいれたから、ちょうどいい塩梅だ。
 

あれ、曲がり角で、出会いがしらに。うちの船の日本人船員さんだった。あのへんの店が美味しいですよーと言ってくれて、さよならした。

あとで、港付近でまた彼女をみかけたが、男前の船員さん数人と同僚メシしていた。毎週ぐるぐる周る船だから、毎週きてるんだろうな。
 
 

あらかじめ クチコミで教えてもらっていた店もいくつか頭にあるが、とりあえず言われた方向に、ぶらぶら。

赤い教会のある広場に、ぽんと出た。

これは これは・・・。
 

にぎわっている魚介の店タベルナが数軒あり、そのうち1軒、
NICOS という店は、人気なのだろう、広場までテーブルを出しつくし、またよそんちの建物、階段の踊り場にまで テーブルを出し、かなり「拡大営業」している。

「道」は、かろうじて人ひとり通れるぐらい残してある。

わはは。楽しい。
 

楕円の皿に、ほどほどの盛りのようだ。2、3種類のせた 日本のランチプレートのようなものもある。
値段もセットで12〜15ユーロ台など良心的に思えた。

人が食べているものをみて、お、これはなかなか、と思い、サービスの男性と目があったところで、席を用意してもらう。うちらも道ど真ん中(笑)に居座った。

メニューも英語があり、比較的安いものだった。二人で、2、3品、もちろんムール貝やビールもとって、42ユーロ。
 
 

サービスの男性も忙しそうではあるが、如才ない。向かいの建物がキッチンなのか、生の魚介類をかかえて行ったりきたり、していた。

待つこともあるが、呼べばちゃんと 判ってるよ、というカオをしているし、安心。タイミング次第だ。夏の宵、をゆっくりとビールを飲みながら、ゆっくりと過ごせた。

あまり外国で、夜に外で楽しむということをしないでいたので、ずいぶんと楽しめた。不慣れな新婚旅行の男女にもいい島だ、と思った。

どうも、こういうチェック視点が抜けないのがいけない、と苦笑。

22:00 食べ終わって ふらりと立ち上がる。
 
 


うつっているテーブルは、本来、全部「道」である。

左は、よそんちの建物の階段の上。そこにも、臨時テーブル。 
 


店の前の魚介類は目に見えて減っていった。
 

夏の夜  
 
酔い覚ましにぶらぶらと、風に吹かれ、まだまだにぎわう水際をかすめ、散歩を楽しむ。

どこもぎっしりとテーブルを並べている。

みなワインやビールを空け、魚や貝をつついて、楽しそうに語らっている。

すこしはなれたところにある風車に近寄ってみるが、真っ黒けで上手く写らない。そうこうするうちに海風が強くなってきて、戻る。

ほどよい海沿いデート。
 
 
 

物見遊山で ハイ名所!ハイ名所!も素敵なのだけれど、やっぱり同行者とゆっくりと話したり、同じ風物をみて声をあげたり、気分を分かち合えるのは、いい時間だった。

「ギリシャとスペインは、絶対カップルで行け」と昔先輩にいわれたのが、よく判った。
 

黒々とした風車の量感を感じ、強いがさっぱりとした風と、弱いが華奢ではない波がしらを見て、いさり火のように遠くの店の賑わいと光を眺めていた。

なんだか 嬉しさなのか風情なのかものの哀れなのか、色々な考えや思いが浮かんでくるが、うまく形にならない。キャッチできない。

まぁいいや、と苦笑して、そのままにした。

それでいい、何かはっきりと形にはしたくない、そのままでいい、と思える夜だった。
 

船に戻った時間は覚えていない。

トップ >  紀行インデックス > Chun3の 2008年東地中海  6