トップ > 紀行インデックス > Chun3の 2008年東地中海  5

  

管理人Chun3の 2008東地中海紀行
〜今年のクエストは 東地中海で オリンピックして 遺跡を見るのだ〜
5

23 Nov. 2008

 
 

(2008年9月 Chun3)
 
 

1 関空〜アムステルダム KLM
アムステルダム市内クルーズ
アムス〜ヴェネツィア KLM   
ヴェネツィア・メストレ泊
Hotel Bologna
2 朝 ヴェネツィア港 船チェックイン
ヴェネツィア観光
夕刻 乗船、ヴェネツィア出港
MSCムジカ号 泊
バルコニーつきツイン
3 午前 船内

昼前 バーリ入港 (バスでマテーラ観光)
夕刻 出港、  ドリル(避難訓練)

4 午前 船内
昼 カタコロン入港 (バスでオリンピア観光)
夕刻 オリンピア出港 船長パーティ
5 朝 サントリーニ島 入港(バスで フィラとイア観光)
午後 サントリーニ島 出港
夕方 ミコノス島入港、夕食と散策
夜中 出港
6 朝 ピレウス入港(バスで アテネとパルテノン神殿観光)
夕方 出港
7 昼 コルフ島入港(バスで シシィの宮殿と市内観光)
夕方 出港
同 
8 朝 ドブロブニク入港 個人散策
午後 出港
9 朝 ヴェネツィア入港、下船、観光 ヴェネツィア サン・クレメンテ島泊
10 朝 ヴェネツィア〜アムステルダム〜 KLM 機内泊
11
〜関空  
   

 
 
 
5日目 (水)  
今日は7:00にサントリーニ島沖に着いて、15:00に出港する。
 

ツアーの集合が 7:30だったかで、7時に朝食を食べに行く。

逆算して6:30ぐらいに起きることにしたら、すっきり起きられた。なんで会社と違って、さっさと目が覚めるのだろう。永遠のナゾである。いつもは7:00理想が7:30起床で、じたばたしているのに。
 
 

今日の日の出は7:00すぎ。もう明るくなっている。もこもことした曇天であるが、心配は要らない。そのうち晴れるでしょう。

地中海は緯度が高いため、海水の温度が低く、水蒸気の発生が少ないから晴れが多い、という。心配は要らない。

予想どおり 1時間後にはまたカーンとした青空になった。
 
 
 


 

ビュッフェ会場に、朝を食べに行く。もうすでにサントリーニ沖に停泊しており、絶景がわの席を占める。

バスやテンダーボートで酔うとこまるので、柑橘系、つまりオレンジジュースはやめておいた。
 
 

エクスカーションの設定は、
イアとフィラ 

イア観光 4時間 45ユーロ
カルデラツアー 3時間 44ユーロ (これもいってみたかった)
ビーチ送迎(泳ぎたい人) 4時間 28ユーロ
 
 

沖止め  
 
サントリーニ島は大型船がつけられる深いバースがないので、接岸できない。沖止めといって、沖に停泊する。そこから小さいテンダーボートと呼ばれる小船にのりかえて、岸に着く。小さいといっても、日本のちょっとした湾クルーズや高速艇ぐらいの大きさの船である。
 

この春夏シーズンは 毎日4〜7隻の大型〜中型クルーズ船が寄港するそうで、すでに何隻か沖にポカポカ浮いて、とまっている。

けっこう近いので、ぶつからないんだろうか、としょうもないことも考えるが、錨(いかり)をおろしているから大丈夫なのだそうだ。
 
 
 

テンダーボートは、天候および地形加減もあるのかもしれないが、ぐぃぐぃ揺れた。うまく船にくっつけなくて、Uターンして接触しなおしたこともあった。

気分が悪くなるとかいうレベルではなかった。遠くの動かない陸地をみていれば大丈夫だ。
 
 
 


上からみた風景。
いやぁ盛況ですなぁ。
サントリーニ島 上陸  
 
巡視艇みたいなテンダーボートが 2、3隻、ポンポンと往復しては客を乗せて、島に降ろして、またクルーズ船に戻っていく。

2千数百人を 30人乗りが?!と思うかもしれないが、みな出発時間もバラバラだし、ゆったりしているので、混乱や焦りなんて、船内どこ見渡しても落ちていない。心配は無用だ。
 

7:50、島に着いた。

島での下船時は、3人ぐらいの男性が、手をもってくれるので、安心だった。

後ろに続いたハムテルさんには誰も、手を貸さなかった。メタボでもないし、野郎だからしょうがない。
 

ちなみにツアーでなく、個人で自由行動する場合は、申し込んで、テンダーボートの整理券を貰う。 (貰い方は船会社によって異なる) これも非常にアバウトで、ある程度、時間を分散させるぐらいの目的のようだ。

大型船で接岸してタラップを降りるとなんだか飛行機気分だが、こうして小さい船からよっこらしょと岸に降り立つと、上陸!という気分が盛り上がる。
 
 
 

ツアー
 
我々は今日は調べた挙句、船からのエクスカーションにすることにした。

イア町とフィラ町を両方みたいのだが、両方をつなぐ交通機関が不便らしく、またこの日は6隻ものクルーズ船が寄港するので、さらに捕まえにくいだろうといわれていた。

帰りのこともあるので、楽なバスツアーにする。45ユーロ。両方の町で自由行動だから、思えば高くつくが、ケチらないでおこう、と思った。
 

エクスカーション用のバスがたくさん岸壁で待っている。2,500人級の1隻で、30台はバスを確保するのだから、果たして どんだけのバスが島にあるねん!と舌を巻く。
 
 
 
 

今日も英語ツアーで、なんとなく見知った顔が多い。先日の太った紫さんは、今度はピンクをきていた。
 
 

小船をおりたところから、バスで、くねくね道を40分ほど進む。見上げるような崖を一気にあがる。

道はかなりうねっているので、ハムテルさんは気分が悪くなってきたようだ。聞くと、朝、オレンジジュース飲んじゃったらしい。あちゃー。
 

わたしは車やバスは酔いやすいほうだが、景色をわーわー見ていれば酔わない。ただし、バックで駐車場にはいるときとか、一気にぐうっと酔うから、でんぐり返しでもして、三半規管をもっと鍛えないといけない。

ハムテルさんは普段は全然酔わないが、案外、他人が運転する車や船の振動には弱い、と最近判明した。できるだけバスや船内では、酔いにくい場所に陣取るようにした。
 

聞き取りやすい英語ガイドにあたって、これもまた面白い。

英語エクスカーションに参加すると、単語や表現を英語で覚えていけるので、これもまた語学を磨きたい人には、よろしいかと。事前に日本語で簡単なガイドを読んであったのも助かった。

イアは ショッピングするには ア・リトル・ビット エクスペンスィブだ、ユー・シュッド・バイ・アット・フィラ タウンなど言っている。
 
 
 
 

イア
着いたところは、いわゆる例の「白い街」だった。細長くてメインストリートが細い一本道きり。

ギリシャにいくねん、というと、みなにサントリーニ島いく? 青い島のある白いとこ、写真見せて、とかいうから、撮らねばなるまい。
 
 

集合場所だけ伝えられて、あとは1時間半、自由行動。日本みたいに20分とかチマチマしてなくて、いいねぇ〜
 

8時すぎだったので、すいていて朝の光のなか、よい写真がとれた。うち、どんどんと混雑してきた。9時すぎごろには、京都の参寧坂状態。
 

イアは、意外というか、ちゃんとした観光は難しい。

ひたすら細い道から降りられるよそんちの階段や通路をさがし、ちょっと降りてみて、横から除いたアングルで撮るしかない。あるいは店やホテルでバルコニーふうになったところから ゆっくりするしかない。


よくポスターであるアングルですな。
 
 

どうりで、サントリーニ島って、どのイメージフォトもこんな横からのぞいたアングルになってるわけや、と苦笑した。

アングル探しはけっこう大変なので、降りられる小道は人が居なくても、とりあえず降りて、のぞいてみたほうがいい。勿論、ホテルやレストラン、個人様のヴィラなど入ってはいけないところは、避ける。
 
 

バス内で説明されたように、イアでは、芸術的なアクセサリーや飾りモンの店が多く、若干高め。そういう意味では、南フランスのエズのような位置づけかもしれない。
 

ストーカー
ハムテルさんは、ここで放置犬(攻撃はしてこない)にストーカーされる。

犬が好きでない人に、やたら犬がくっついてくるのは何故? 気にして目をあわせ、無視しないからと、ちゃうかしらん。ここでもなぜか我々二人がロック・オンされて、ひたすらずっとついてこられた。
 
 

わたしは犬も飼っていたことがあるし、短毛種なら、ネコに劣らず犬もけっこう好きなのだが、最近海外の犬にかまれて狂犬病でなくなった日本人もあいついでいることから、今回は触らないでおく。

とにかく、うちら二人についてくる犬がいて、店にはいって「やりすごす」ことにしたが、店をでたら、またついてきた。

さすが忠犬。猫ではこうはいかないわっ

 
あまりの混雑(と犬のストーカー活動)により、ハムテル氏は途中で移動を断念する。ここで待ってなさい、と店で待たせておき、私だけ先に進む。
 

ある程度進んでみるが、似たような教会、似たような建物、ストーカー犬はあいかわらずついてくるわで、戻る時間を考えると、途中で引き返した。それでもけっこうな数の写真がとれた。

ま、ストーカー犬をハムテルから引き離せたので、目的は達成したとしよう。

ただ、あまりの混雑で、サントリーニ島はよかったわ♪散策できたわ♪とか思うような状態ではなかった。

「ま、見たから ええかぁ」という、ほどほどの満足感はあった。

やはりここは、いいホテルをとって、ずっと10日ぐらいバカンスで過ごす場所なのだと思う。
 

ちなみに、半径25mで散歩する犬を、(たとえヨークシャーテリアであっても)避けるハムテル氏は、サントリーニ島の細い路地で犬にひたすら膝横についてこられたのは、相当”緊迫した情勢”だったようで、

「ボク、あの犬の島は二度と行かない」

と言っている。

そっかぁ、再婚したとき、別の人と新婚旅行でいくことにするね。

うん、そうして、とのこと。


 
 
 
 
ワイン製造所  
 

海外のエクスカーションは、みなさんが「オトナ」なせいか、あっさりしている。

ガイドはへいこらしないし、けっこう自分のしたいようにする。参加者も、要望があればさっさと伝えるし、できないことはできない、といってくれる。

逆に、あとで要望があったから、○○に寄って希望者は落としてあげるわ、とアレンジしてくれることもある。慣れると、とても快適で、やりやすい。

船から来ている例のアシスタントが、人数をそっと数えて、いきなりバスは出発した。ミナサンいかがでしたかーとか 揃ってますかーとか、コうるさいのは、ナシ。
 
 
 

バスは15分ほど、若干 気の抜けたような、やる気のない原野を走り、島で唯一のワイン製造所とかいうところでトイレ休憩。

おそらく「ソレ」で客を集めて、成り立っているらしく、沢山のバスがとまり、たくさんの椅子を置いては、ワイン試飲だの土産コーナーだのに人を集めていた。

バスのガイド自ら、「水事情が悪いので、サントリーニ島のワインはいいものではない、まぁ古代からの歴史的位置付けぐらいデス」と、豪語。

だもんで、買っている人は多くはなかった。教えてもらったとおり、トイレのうちで、いい眺めのトイレにいった。

展望がすばらしく、いい休憩処であった。
 
 

ちなみに、クルーズ船は、アルコールの「船室持ち込み」はできない。買ったら、船で預けることになる。

アルコールはルームサービスや船内の飲食施設、いろいろなソファスペースで、オーダーする。
 

フィラ  
今度はフィラの町に着く。車内でひたすら説明をし、ここでまた簡単に1つの寺院前で2つ3つ語って、解散だ。

あとは各自、ロープウェイか、ロバの道を降りて、すぐ崖下のオールド・ポートに降り、小船で船に戻れ、とのこと。ロープウェイの片道切符を貰う。
 

「今日は混んでいるので、ロープウェイが1時間ほど待つかも、ドンキー・ロードなら下って20分だ」という。

何時までにロープウェイに乗りなさい、とか言わない。聞いたら、考えてはくれるが、おおまかなことしか言わない。

わからない乗客が何人も同じことを聞くが、丁寧ににっこり教えてくれる。ラスト・テンダーは 13:15!とそれはしっかり教えてくれた。
 
 
 
 
 

町並みは先ほどよりは庶民的となり、少し異文化の香りもする。路地が縦横にはしっているので、混んできたら曲がってみたり、うねうねと路地を楽しんでみる。

好みの絵を売っている画廊があった。小さい青いマットつきのものを記念に買う。4ユーロ。絵葉書より、いい味がでてるね。青でそろえている書斎に、飾ろう。
 

店を冷やかしたり、お菓子を買おうか相談したり、異国ちっくな教会寺院をのぞいたりしていると、ものすごい人だかりのするところに出た。ロープウェイ前だ。
 

うわー 神戸夢風船みたいに、1基に4人ぐらいしか乗れない小さいものだから、混むんだね。
 

列をみると、クルーズ客のご老体ばかり(失礼)。先に出港するコスタの船客らしく、コスタのシールやパンフを持った人が悲壮な顔で並んでいる。

この列に並んで1時間過ごすのも、それって情けない・・・。疲れても居ないし、荷物もないし、悪評高いロバ道を体験することにする。

前評判で、坂がきついとか 20分ぐらいとあったが、年配の人も含め、けっこうな数の人がドンキー・ロードに行こう、と進んでいくので、ついていくことにする。

見てみると、あっけにとられた。

ちゃんとコンクリと玉石で舗装され、段もつくってある。六甲山の自然遊歩道とかより、断然、普通だ。というか、西宮の甲山(かぶとやま)付近の住宅街やったら、これ普通やで。

たしかにロバの落し物はあって、滑りやすいけれども。もっと落し物だらけかと思っていたら、意外と少なかった。六甲山牧場を知っている人なら、大丈夫だ。

多分あれは、日本の年配の人むけの注意だろう。
 


 


 

 


 

そうひどい段ではなく、眼前の絶景をながめながら、ゆっくりひたすら降りていくうち、水際にたどりついた。所要30分。歩きやすいエスパドリーユでよかった・・・

欧州のかなり年配の人でも、えっちらおっちら、降りていた。
 

ドンキー・ロードというだけあって、沿道には、ロバが大量につながれている。ハムテル氏は、どうみても、供給数が多すぎるのでは・・とごにょごにょ分析していた。

モンゴルの牛追いだかみたいな風貌の人たちが、乗るか?と聞いてくるがしつこくはない。どうもクルーズ客は金払いがよく上得意らしく、下から上がってくる人にロバがおおかった。
 
 
 

ロバというから、パリカールみたいな小ぶりなのを想像していたら、けっこうな大きさで、びっくりした。

蹄鉄が玉石でつるつるすべって、かわいそうに、すぐ ズゴォッと足をすべらせる。こけるロバさんはさすがに居なかったが、ちょっと怖いので、真横に居ないようにした。

ロバはおじさん一人ごとに数頭繋がれていて、いきなり掛け声とともに、ドドドドっとあがってくる。おじさんが、長い竹竿みたいなもので、ついたり軽く叩いたりして誘導している。なんだかTVで見るどこかの民族を思わせて、いい見ものだった。

ロバでも、やっぱ言うことをきかないコがいるらしく、1頭、客は乗せていないのだが、ついていかないコがいた。

上まであがらず、端っこで勝手に”駐機”ぶるので、おじさんがえらく叱っていて、みなで大笑いした。
 

掛けることばはギリシャ語だろう、何と言っているのかわからなかったが、普段あまり触れない、動物を大量に操縦する人たちの息吹、を味わえた。動物は、思うように使役しようとしたら、かわいそうだけど、甘やかしてたらダメなんだ。

今度きたら、上りは楽だから、乗ろうね。

あ、イヌの島だから、他の人とくるんだっけ。スマン。
 
 
 
 

結局足元も注意を払いつつ、30分かけて降りてきた。明日は太ももが張るかな?

崖下のオールド・ポートに降りると、もうけっこうな時間になっていた。MSCの旗があり、スタッフが誘導している。ムジカだよね、と確認してテンダーボートに乗る。

12:45、ムジカに帰る。
 
 
 

15:00、出港。今日はもう1つ、ミコノス島にむけて、ゆっくりと進む。

船から振り返る。崖の上の白い街が、さっきまでいた フィラ。そこからじぐざぐ道を降りてきた。
 

あの崖を、あそこを自分で降りてきたんだよね! うぉー!
 

ちなみに、六甲山のハイキングロードのうち、アイスロードを降りたほうがしんどかった。あれを昔、氷を運びながら降りたとは信じられん。
 

教  訓: 

しんどいからといって避けてはいけない。若いうちに、苦労は買え。

トシとったらできないことは、しんどくても、やっとけ。

トップ >  紀行インデックス > Chun3の 2008年東地中海  5