トップ > 紀行インデックス > ぽち@やる気なーし様の 2007紀行  3

  

ぽち@やる気なーし様の 2007年イタリア紀行
3

 22 Mar.2008

 

(ぽち@やる気なーし様 2007年4月下旬)
 
 


 
 
 
 

 

1 関空発   ボローニャ泊
Tre Vecchi
2 ボローニャ   同
3 ボローニャ 〜パルマ
〜レッジョエミリア 〜モデナ 
 同
4 〜サヴィニャーノスルルビコーネ
〜ファエンツァ 〜フェラーラ
 同
5 ラヴェンナ・ボローニャ・モデナ  同
6 リミニ・サンマリノ  同
7 ボローニャ発  同
8 関空着  
   

 
 
 
 
 
3日目〜パルマ−レッジョ・エミリア−モデナ列車の旅  
朝、7時50分くらいの切符を買っていたので、7時20分くらいには、ホテルを出る。

朝早くの駅までの道は、通勤の人、大きなキャリーケースを引っ張る旅行者くらい。たまに、酔っ払っているのかなんなのか、ぼーっと立っている人がいるので、要注意。

駅では、ホームを何度も確認した。大きな荷物の人たちは、大体ユーロスターの停まっているホームに向かっていた。

ホームの高さの割りに、列車の入り口が高い! これは大きな荷物を持っていると大変かもしれない。

列車も、落書きだらけのやつから、妙におしゃれなやつまでいろいろ。これ、同じ料金でいいの?

そうそう、刻印を忘れずに。券売機でもできるし、ホームのあちこちに、黄色い刻印機が設置してある。
 
 
 
 
 
 

IC
さて、私たちが乗り込んだのは、IC。6人ずつの、コンパートメントになっている。他の人のいないところに、席を決めて座る。パルマまでは、1時間程度。

田園風景の中を、結構なスピードで走っていく。なかなか快適。

青いジャージの女性が、コンパートメントの扉をあけて、小さな白い紙を置いて、去っていった。なんだ?と、その白い紙を見ると、イタリア語で、何かが書いてある。うーん、なんだろう。赤ちゃんが、どうとか書いてあるような気がする。

その紙を忘れた頃に、青いジャージの女性が戻ってきた。

こっちを向いて、なんだか言って手を出してくる。よく見ると、青いジャージも薄汚れていて、施しを求めているのだった。

ひぇー、こんな電車の中にまでくるの?首をふって断ると、その女性は、小さな紙をもって、次のコンパートメントに向かった。

列車の料金払って乗っているんだろうか。検札がきたらどうするんだろう。あの紙は使いまわすのね。

いやぁ、勉強になった。ちょっと、電車では居眠りできないな。


 
パルマ  
パルマ到着。パルマの駅前から、町の中心までは、徒歩で10分といったところ。

ポプラのようなの大きな木が植わっていて、綿毛が、風に乗って、フワフワと漂っている。

広いロータリーを越えると、白いテントで、またもや店が並んでいる。
地元の人たちが、洋服やら、ハムやら、シャンプーやらを買っている。うわ、楽しい。

ここを通り過ぎて、レンガのアーチをくぐると、広々とした芝生の庭が広がる。こんなところで、ピクニックしたいなぁ。観光局で地図をもらい、街を歩き回る。なかなか楽しい。それでも、小さな街なので、そこそこの時間でまわってしまった。

予定では、本に載っていたサラミ屋が昼だけ営業しているトラットリアで、ランチして、モデナに向かうつもりだったのだけれど、昼には、ちょっと早い。他に何を見ようかと、本をめくると、「カノッサ城」のページが、たまたま開いた。

カノッサ城・・・それは世界史で習った「カノッサの屈辱」の舞台。大雑把な地図によると、パルマとレッジョ・エミリアの間らしい。でも、詳しい行き方は書いていない。うむむ。

「カノッサいってみよう」という、ダンナ。観光局に戻り、「アイム・ルッキング・フォー カノッサ・キャッスル」と、ものすごいカタカナ英語で聞いてみる。

しかし、パルマからは手段がない。

隣のレッジョ・エミリアから、バスが出ているはずだと、観光局の女性は教えてくれた。よし。レッジョ・エミリアに行くぞ!
 
 


 
 
レッジョ・エミリアへ  
またも駅に向かい、自動販売機で、レッジョ・エミリアまで切符を買う。

今度は各駅停車なので、列車の時刻も切符には書いていない。

駅の時刻表を見てみるが、終点の「○○行き」、としか書いていないので、「南の地名が書いてある列車」をまず探さないと、何番線につき、何時に出るのかが判らない。なんとか見つけて、乗り込む。

レッジョ・エミリア到着。
 
 

まずは観光局を探さないと。ホームから駅構内をのぞくが、売店と窓口しかない。

うむむ。うろうろする。

小さな窓口があり、中で20代ぐらいの女性が、アイスクリームを食べている。

ここか? 「アイムルッキングフォーカノッサ キャッスル」を繰り返すが、「知らない、観光局で聞いて。ここをまっすぐ行って、左にあるから」というようなことを言う。で、その通りに行くと、駅の窓口。ないじゃん、観光局。たまたま歩いていた駅員に聞いてみたが、「知らない」の一言で終わり。

駅の外に出て、バス停を見てまわるけれど、これといって、そこに行きそうなバスはない。

それどころか、駅の外はなんと、チャイナタウンか?というほど、漢字の看板が。どうりで、東洋人がたくさん歩いていると思ったよ。
 
 
 
 

 
なんか悔しいので、とりあえず、レッジョ・エミリアの街中に向かう。

街までは、まっすぐ大きな道を行けばいいのだけれど、綿毛がすごい! 吸い込みそうになる。

レッジョ・エミリアは、イタリアの三色旗を生んだ町なんだそうで、駅のそこかしこに、三色旗が飾ってある。

なんとなく見てまわるけれど、小さな街なのでまぁ、こんなものでしょう。諦めて、モデナに向かおうと駅に戻る。
 
 

モデナまでの切符を買って、ホームに向かうと、さっきアイスクリーム嬢が座っていたところに、メガネの真面目そうな男性が座っていた。

ホームで刻印機を探して、うろうろしていると、鉄道とは別の券売機のようなものを発見。よーく見てみると、それはバスの券売機だった。

彼女の座っていたところは、バスの案内所だったらしい。

くー、アイスクリーム娘め!これが我が家の、「カノッサの屈辱」体験。


 
 
 
モデナへ  
モデナで昼食を食べよう、と電車に乗る。

それにしても、各駅停車のボロイことよ。ドアがなかなか開かず、格闘する羽目に。

モデナ到着。駅から街の中央部まで、徒歩15分くらい。
 

中心部「チェントロ」の表示を手がかりに、歩いていく。ここも、こじんまりとした街だけれど、なんとなくリッチ。停めてある車も、高級志向。

小さなブティックも良く見ると、高級品を置いているところが多い。なかなかに格好い観光局で地図をもらい、街をうろうろする。
 

昼は、町のファストフードといった風情の切り売りピザ屋に入ってみる。店の前には、高校生くらいの子達がピザをかじりながら、トランプをして遊んでいる。

何を食べようか悩んでいると、2人なら、ピザ4切れとコーラが2杯ついたセットがあるわよと、やさしく賢いお母さんっぽい店員が教えてくれたのでそれを頼む。
 

モデナ最大の目的は、市場に行くこと。本当は、午前中のほうが良かったのだろうけれど、今日は土曜日。休みの前の日は、夕方遅くまでやっていると書いてあったので、午後に回したのだ。

市場が開くまで、街をうろうろ。

ものすごく人が並んでいるジェラート屋をみつけたのだけれど、あまりの混雑振りに、断念。
 

市場が開いた16時半、いそいそと足を踏み入れる。やっぱり閉まっている店が多い。商品の上に、大きな布をかけて覆っている。開いている店だけでも、見てまわる。ここも美味しそうなものが多いよなぁ。

惣菜やジャムなどを売っている店に、バルサミコ酢があった。じっと瓶を見ていると、「試食する?」と声を掛けてくれた。

小さいスプーンに、ちょっとずついれて、20年もの、30年もの、40年ものと味見をする。うわ、こんなに違うんだ。20年ものだと、まだまだ酸味があるけれど、40年ものともなると、プルーンを煮詰めたような、フルーツソースのような感じになるのねぇ。

本によると、ちゃんと協会に入っている、ちゃんとした作り方のメーカーのものだと、目玉が飛び出るような値段になるらしいのだが、この市場で売っているものだと、20年物で30mlくらいの量で、10ユーロしないくらい。

40年物は、もっと量の多いものしかなく、50ユーロくらいだった。「酢に8,000円か・・・」と思ったので、20年物を1本買って帰ることにする。

夕食  
さぁ、ボローニャに帰ろう。

モデナの駅の近くは黒人の人が多いようで、何人かが車を囲んで話をしているのだけれど、ちょっとびくびく。何をされるというわけではないのだろうけれども。こんなとき一人だといやだなぁ。

帰りの列車は席がほとんど埋まっていたので乗降口近くで立って帰ることにする。今晩は何を食べようかねぇ。

ボローニャ駅で明日の切符を買ってからそのままトラットリア・トニーに向かう。やっぱり満席。「今日は10時ごろまで席が空かないよ」と赤メガネさんに言われる。残念。
 
 

続いてカミネット・ドーロへ。

扉を開けてくれた男性が「予約で一杯だ」といっているところ、後ろから来たもう一人の男性が「ちょっと待って!」といって紙をめくっている。

「21時半までに終わるんだったら大丈夫だ」といってくれた。
ラッキー!

店の入り口付近ではあんまり感じなかったのだけれど、中に通されるとこの店、かなりおしゃれな店だった。あー! また着替えてこなかったよ。ごめんなさい・・・

今日はダンナが、ブロードをプリモに。
私がタリアテッレをプリモに。

セコンドを「ハンバーグ風」と読めたもの。私は「ポークとポテトとリンゴのソテー」と書いてあったものにする。

のどが渇いていたらしいダンナは、ワインではなくビールを頼む。私はガスなしの水。
 

「こちらは店からです。チャージはつきません」といって持ってきてくれたのは、ショットグラスサイズのガラス器に野菜スティックを入れたもの。底に粗塩とオリーブオイルが入っている。さっぱりして美味しい。

パンも、4種類くらいがおしゃれな皿に入ってきた。

パスタおいしい! 昨日ほどしょっぱくはない。でも相対的に味は濃い目。

同行者の頼んだセコンドは挽肉というよりも、「包丁で叩いた牛肉」を丸めてベーコンで巻いて焼いたものに目玉焼きが載っているもの。

「うまい。肉の味がする」といって、つれはごきげん。

私が頼んだものも、付け合せのポテトまで美味しい。盛り付けもおしゃれ。デザートなしで、ビールを1杯追加して77ユーロ。

ホテルに帰って、明日の準備。ふふふ。明日はある意味、今回の旅行のメインイベントなのだ。



 
 

トップ > 紀行インデックス > ぽち@やる気なーし様の 2007紀行  3