トップ > 紀行インデックス > うちゃぎ様の 2005紀行  3

  

 うちゃぎ様の 
2005年 レンタカー紀行
3

 28 Nov.2009

 

(2005年11月 うちゃぎ様)
 
 


 
   
1 21:55 成田〜    
エールフランス夜便
機中泊
2 〜パリ〜ローマ〜サルデーニャ島カリアリ カリアリ
Moderno
3 土  サルデーニャ(中部) オロセイ泊
Su Barchi
4 サルデーニャ島〜 フランス領コルシカ島 ポルト・ヴェッキオ  ポルトヴェッキオ泊
Hotel Belvedere
5 ポルティッチィオ ポルティッチオ泊
Le Maquis
6 アジャクシオ 同上
7 コルシカ島〜サルデーニャ島
ポルト・チェルヴォ(コスタ・ズメラルダ)
ポルト・チェルボ泊
Cervo
8 サルデーニャ北部 同上
9 オリビア〜ミラノ・リナーテ ミラノ泊
Spadari al Duomo
10 ミラノ・マルペンサ18:30→フランス パリ20:00
パリ23:15→
機中泊
11 →成田19:00  
 

 
 
 
5日目 ワイナリー見学  
寝ている時に時折、雷が鳴っていた。冬の嵐。

朝、起きてテラス兼出入り口の窓のシャッターをあげてみると小雨がしとしと。

のんびりとしてから、9時ごろ朝食のルームサービスを頼む。

コンチネンタルスタイルだが、ほのかにあたたかいクロワッサンやバケットがさくさく、しっとりでおいしい。

イタリアからフランスの国境を越えると、パスタがアルデンテでなくなると同時に、パンは香ばしく、味のあるパンになる。絞りたてのオレンジジュースも、香りがよい。

食べ終わるころには雨も上がり、太陽も顔を覗かせる。

このホテルに居ついている、アメリカンショートヘアっぽい子猫がテラスに現れて、みゃ〜みゃ〜と甘えてくる。残っていたクロワッサンをあげたら、ぺろりと食べてしまった。

青空も出てきたので、ホテルの敷地を散歩。海岸へも出てみた。ポルトヴェッキオ湾をはさんで、ポルトヴェッキオの街が見える。

日が差すと、海の色が輝くように美しい。

ホテルを出て、昨夜、先導してもらってきた道を戻る。昨夜は暗闇と豪雨で周りがまったく見えなかったが、松林越しに砂浜とその向こうにはポルトヴェッキオの街が一望できる、快適な道だった。

ポルトヴェッキオへも行きたかったが、今日はアジャクシオを目指すので、このまま昨夜来た道を戻る。

いったん、昨夜フェリーを降りたボニフェチオを通過して島の西部にあるサルテーヌ方面へ。

緩やかで見晴らしのよい山道がしばらく続く。山道の周囲の風景はオート・プロヴァンスのような灰がかった岩山に岩にはりつくように潅木がしげっている。

途中に小さな峠があり、そこから崖下に青い海の色と白い砂の小さな浜が見える。夏場にあのような浜でのんびりするのもいい感じ。

くねくねした山道を1時間ほどいき、山の天辺に貼りついた鷲巣村のようなサルテーヌの町を一望できるところで休憩。おせんべいを食べる。

ガソリンを給油しがてら、トイレへ。

アジャクシオ方面へ山を降りたところにこのあと、ワイナリー見学の予約をしている「クロ・カピトロ」の牛のマークの看板が見えてきた。

Le Clos Capitor  
 
車を建物の横に停めていると中から男性が出てきた。予約していること、ここに車を停めてもよいか聞くと、OK!とのこと。

すぐに建物の中に案内してくれて、説明を開始。

コルシカの土着品種シャカレイという葡萄からできた赤ワインと、これはサルデーニャでもよくあるヴェルメンティーノ種などでできた白ワインなどの説明を、丁寧な英語。

ワイン醸造の工程もわかりやすく説明してくれて、別棟のワイン即売所の試飲カウンターへ。白、ロゼと赤は2種類、最後に白のグランレゼルバ。

日本へも輸出していて、半年ほど前に東京へ行ったことがあるとのこと。

おいしかった2本を購入。

ワイナリー自体は小さいものの、おいしくて力強いワインが印象的だった。建物も紅葉したツタのからまるレンガ造りで趣があって、よい感じ。

http://www.clos-capitoro.com/
Le Maquis  
ここから宿へはアジャクシオ方面へちょっと行って、海沿いの道の手前で左へ。宿のすぐ手前にあったスーパーでミネラルウォーターとコルシカの地図を購入。

ワイナリーから宿までは10分程度。16時ごろ宿にチェックイン。

Porticcio ポルティッチオ。アジャクシオ郊外。
 
 
 

部屋で一休み後、車で2、3分のところにあるポルティッチオの海岸へ。海辺のカフェで夕日が沈んでいくのを眺めながら 、ビールを飲む。

昼を食べ損ねて煎餅だけだったが、夕食のためにここではビールについてきたナッツだけで、我慢。

海岸を散歩したり、のんびりと過ごしてホテルへ戻り、ホテルのまわりを散歩。
 

部屋で水着に着替えて、18時ごろ屋内プールへ。

ここのプールは別棟で、客室のある建物から廊下伝いに地上階でつながっている。事前に下見すると更衣室がない。「どこで着替えるの?」とレセプションに聞いたら、「部屋で着替えてからバスローブとスリッパで行ってね」とのこと。レセプション横のパブリックスペースを通るが、OKだった。

屋内プールは海から水を引いてあるのか、泳ぐと塩辛い。身体がプカプカと浮くので、楽しい。思い切り身体をのばしてリ ラックス。

部屋へ戻ってシャワーを浴びたら、夕食。

夕食
20時前にバーへ行って食前酒を飲みつつ、メニューを検討。

昨夜は牛のステーキだったので、今日は海の幸で。

前菜の前に、生のフォアグラ。

前菜はオットはヒメジのソテーに、オニオンの炒め物添え。私はムール貝のスープ。

コルスの白ワイン。ミネラルウォーターは、コルシカン・シャンパーニュといいつつ陽気なボーイが持ってきた、オレッツア。さわやかな飲み心地の発泡水。地元コルシカの発泡したミネラルウォーターだ。

主菜は、地中海の白身魚のグリルをふたりで。付け合せの小さなパンケーキや野菜もあっさりして、おいしい。

デザートはチョコケーキ。

すべての料理がおいしい。ここのホテル付属のレストランはレベルが高いかも。

お腹がはちきれそうになって、部屋へ戻る。

テラスに出ると、十四夜の月が、青い光をたたえて冴え冴えとしていた。


 
 
 
6日目  
朝はどんよりとした曇り空だが、温かい。

旅も後半に入り、疲れも出てきた。8時半過ぎまでうだうだする。ゆっくりと身支度をして9時ごろ朝食へ。

レストラン横の、プールサイドの海の見えるテラス。パンとフレッシュジュース、カフェ、冷たい牛乳をとるB甘いパンが おいしい。
 
 

そのまま浜へ出て散歩。薄曇だが空気は生ぬるく、暑いくらい。
浜辺には、水着を着てのんびりとしている人もいた。

一旦、部屋へ戻り、外出の準備をしてからレセプションへ寄って、アジャクシオへの道や駐車場の場所をを聞いて、出発。 ドライブへ。
 

宿から10分ほどで、アジャクシオ着。町の中心地では車が多く、少し渋滞。無事に、町一番の広場の地下駐車場を見つけて停める。ここの駐車場は入り口でチケットを受け取り、出庫時刻に応じて清算する方式。

アジャクシオの港の手前にある広場では、午前中マルシェが出ていると聞いた。早速行ってみる。

食品中心の市場で、野菜や肉の加工品、チーズ、サラミ、香辛料などがたくさん出ている。雑貨も少し。

サラミは肉の香りが強い。パテなどもいろんな種類のものがあった。
乾燥ハーブやサラダ用の木でできた、とりわけスプーンとフォークのセットを購入。

パンなどを売っている店では、香ばしそうな丸くて平たい手のひらサイズのものを購入。軽く温めてくれたものを食べると、食感と味がソースをつけていない、軽く味のついたお好み焼きのよう。すごくおいしい。が、このパンのようなものの名前は聞いたものの、発音が聞き取れず。もし、コルシカ島に再度行くことがあれば、ぜひとも探してみたい。

市場近くの広場に面し、アジャクシオの市庁舎がある。中にあるボナパルト記念館へ行ってみたが、冬期休館中。

今日は昼前から天気が回復。空の色が日本では見たことのないほど濃く、奥行きのある青だ。

市庁舎もそうだが、アジャク シオの町の建物はそういう濃い青の空色に合う、明るいピンク色や黄色でとても華やいで見える。南へきたと思わせるような、ソテツの木が生い茂っている。
 

歩いて城砦の方へ。
海沿いにある城砦は石造りで頑強にできている。イタリア・エルバ島のポルト・フェライオの城砦の色や形、つくりに似ているかも。

城砦の横には、きれいな砂浜のビーチが広がる。浜は赤味がかった黄砂で、日があたると深い緑と透明感のある青の海の色とマッチして、鮮やかだ。
 
 

海辺から町の中へと戻り、商店街の途中で手作りの陶器の店を見つけて、入ってみる。

コルシカの大地に似た色合いの土で作られた陶器に手で彩色してあるのだが、それがいい味を出している。前菜などを載せられる、小さめの長細い長方形の平皿を購入。

ランチ  
13時すぎ。空には黒い雲が出てきて暗くなってきた。

ランチを食べる店をゆっくりと歩いて探す。店頭に貼り出してあるメニューを見ながら、夕食がたぶんかなり量があるので軽めのものが食べられそうなとこ ろということで、ピッツァのある店へ。

上階の窓辺の席へ案内されたころ、かなり強い雨が降ってきてオープンテラスの席ではシェードを出したりでばたばたしていた。

小一時間、雷をともなうスコールのような豪雨が降ったが、食事を終えるころには雨がやんで、また陽がさしてきた。

町の商店街も昼休みが終わって徐々に午後の営業が始まり、活気がでてきた。
 
 
 
 
 

アジャクシオ駅  
町や港から少し歩いたところに小さなアジャクシオの駅がある。普段、電車に乗らない私たちはぶらぶらとホームや線路沿い の道を歩いてみる。

発着は一日に数本ぐらいしかなさそうで、駅には人も少なく、建物自体も、大き目のバス停くらいの規模。
 

また町を散歩。何気なく大きな通り沿いにある教会へ入ってみたが、中のつくりはゴシック風の立派な装飾があり、静かに祈りの場を体感。

アジャクシオは街路樹も多く、落ち着いたシックな町だが、坂の多い街で、いかにも港町。

商店街へ戻り、靴などを買ってから駐車場へ。日暮れまでには時間があるので、アジャクシオから西の岬の先端 Pointe de la Parataへドライブ。
 
 

 
岬までの道は緩やかな砂浜の続くアジャクシオ湾に面し、快適なドライブコース。天気は先ほどの夕立の ような豪雨が降ったとは思えないくらい、すっきりと晴れ渡っている。

15分ほどで、岬の手前の駐車場へ到着。この駐車場の前には土産ィ屋さんが1軒だけぽつんと建っている。ドライブ途中で追い越したプチトランが追いついてきた。ここも観光コースに入っている らしい。
地図の眺望ポイントマークを見てたまたまきてみた岬だが、メジャーな観光地らしく、観光バスが2〜3台駐車場に停まっていて、みな日没を見に来ている。

ちょうど西日が差して、荒々しい波と共に断崖絶壁が黄金色に輝いている。

水平線が彼方に広がり、大自然の偉大さ感じ させてくれる。この向こうは地中海が広がり、ずっと遠くはスペインにつながっているのだろう。

岬の突端に石造りの円筒形の塔があるが、塔には登れない。が、この塔の足元へはごつごつの岩を「よっこらしょ」と急な崖を登らないといけない。

へとへとになったが、海風がここちよい。ここからの眺めは絶景。眼下には海原にポツンと縦に並んで、灯台のある小さな無人島がふたつあり、奥行きがある。

しばらく眺めて、夕日が西の海に落ちていく様を右手に見ながら宿へ。
 

宿のすぐそばの海岸沿いのカフェでビールを飲みながら、日没を向かえ、あたりに夕闇のとばりが降りていく。
 

夕食
 
宿へ戻り、食事の前にプールへ。軽く泳いだり、じゃぶじゃぶしたりして身体をほぐす。夕食前の軽い運動は空腹感を刺激するのと、心身ともにリフレッシュするので、私たちの旅行には必須。

準備をしてからレストランへ。食前酒を飲みながらメニューを検討。私は、スープ・ド・ポワソンと豚肉のロースト。オットはフォアグラのソテーと、豚肉のローストを。

今夜は、コルシカの赤ワイン。

味つけも盛り付けもオーソドックスながらも、ここのレストランはサービスも心地よく、ほどよく フレンドリーで緊張せずに食事がとれるのでとてもよい。

ちょっと気張った内装だし、ウェイターもかしこまった雰囲気があるが、非常に気楽でとてもよかった。

コルシカ産のチーズを少々いただき、デザートはチョコムース。



 
 
 
 
 

  トップ >  紀行インデックス > うちゃぎ様の 2005紀行  3